西国霊場第29番札所青葉山松尾寺門前にある茶処流々亭の女将さんの日記です


by rurublog
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今年最後のご挨拶

e0060807_0364365.jpg

間もなく椿の咲き乱れる頃。
流々亭は再びここ松尾の地に暖簾を掲げさせていただく。
室内の暖かさよりも頬で感じる暖かさを求めて、
人も動物も虫たちも動き出す。そんな季節。
ぽとっと椿が落ちる音も聞こえてくる頃。

e0060807_0384944.jpg

八重桜がちょうど縁側の真上で咲き乱れるのは5月初旬。
桜の香りとともにお薄を一服。
お客様との会話もとても心地よく、
いつまでもここでこうしていたいなと
時の流れの速さに目が覚める季節。

e0060807_0422313.jpg

雨の音も心地よい季節に
「傘をどうぞ」

「チョット雨宿りのつもりが、スッカリこんな時間です。もう行かなくては・・・傘をお借りします。お元気で」

皆様。お元気ですか?


e0060807_0445142.jpg

そろそろ夏のにおい。
草の香り。
太陽の恵み。
ここには特別なものは何もありません。

「それが返って心地よいのですよ」

恐縮です。ありがとうございます。

e0060807_0465746.jpg

先人たちが愛した季節。
自然と最も共有しあうこの季節。
人は山々の錦を愛でて、この季節を楽しんできました。

時は流れ流れて今現在。

『ここの紅葉はなんともおもむきのある・・・。本当に訪ねてよかったよ』

また来年。紅葉を見にいらしてくださいね。

e0060807_0493962.jpg

動物たちも人も虫たちも。
みな寒さで身を寄せ合う季節。
肌で『暖』を探す季節。

静けさの中にぬくもりが妙にあたたかく身にしみてきます。


e0060807_051116.jpg

また来年。
かならずここでお会いできますように。

健やかに幸多き一年となりますよう。
山の上からいつもお祈り申し上げます。

本年も多大ならぬご愛顧を賜りまして本当に本当にありがとうございました。
姉妹で力をあわせ、頑張ります。
来年もどうぞ私くしたち姉妹に暖かいご支援をいただけますよう宜しくお願い致します。

本当に楽しい一年間になりました。
本当に本当にありがとうございました。

流々亭 女将より
[PR]
by rurublog | 2005-12-28 00:57 | 女将さんのコラム