西国霊場第29番札所青葉山松尾寺門前にある茶処流々亭の女将さんの日記です


by rurublog
カレンダー

<   2005年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

台風14号

e0060807_1031691.jpg本日、流々亭は定休日です。
昨日から雨がしとしと・・いえ、かなり降っております。

台風14号が日本列島に近づいてきている、その影響のようです。

思い出しますのが昨年秋の台風23号。
未だ松尾にはそのときの爪あとが痛々しく残っています。
約一年の歳月が流れ、ようやく道路復旧工事が始まったところです。
そこにきて、また同じようなルートで同じような大きな台風14号がやってきました。
まずは全国各地の皆様が無事でありますように。
それを祈るばかりです。

本日は流々亭も台風に備えまして、植木などを保護する作業に行ってまいります。

どうそ皆様、ご用心くださいませ。
[PR]
by rurublog | 2005-09-05 10:37 | 日記

人生意気に感じて

e0060807_10102751.jpg

『人生意気に感ず』

流々亭の座敷中央にこの言葉はあります。
これは中曽根前総理大臣より、わたくしの祖母が自衛隊総艦部を退職します際に頂戴しましたものです。

これは、
人間は相手の心意気に感じて行動するもので
名誉、金銭などの欲のために動くわけではないということ。

つまりは
『自分を信頼してくれる相手の心意気や心情に感激して行動するということ』

ということわざです。

当時中曽根総理はこの言葉を胸に公務をまっとうされていたのだと思います。
相手の心を動かすために行動するのではなく、己が自ら相手の心を感じて行動できることはとても難しいことのようにも思われます。

お客様の中で、この言葉の意味をご存知の方は、よくこの色紙の前で立ち止まり『あぁ。いい言葉ですね。』『さすが中曽根さんですね。』『大切な言葉だ』とおっしゃられます。

わたくしはまだまだ未熟者ゆえ、この言葉をいつも胸に生きてゆきたいと思っています。
言葉で書く、口にすること、それらの行動はとても簡単なこと。
本当にこの言葉の意味を痛感し、まっとうすることの難しさを日々心に戒めながら人生意気に感じて一所懸命時間もわすれていそしんでいきたいものです。
[PR]
by rurublog | 2005-09-04 21:09 | みなさまへ

知足(ちそく)

e0060807_074395.jpg

『知足』(ちそく)=(たるをしる)

禅語の中でも、私がもっとも好きな言葉の色紙です。
現在、流々亭の床に掲げております。

解釈は色々あるかもしれません。

『今、生きていること。それだけでも十分に満たされているということを知る』

というような教えです。

普段から不平不満を抱きがちな慾の塊でもある人間という生き物に、まずは今、十分に恵まれているんだよ・・・ということを教えている言葉じゃないかなと思います。

この不況続きの世の中で、お金のない苦労を背負った人々が多くなりました。
体調を崩してしまわれた方も多くいらっしゃるかと思います。
慾どおしい反面、精神的に弱い生き物でもある人間は、気力を失うととかく自信もなくしがちです。そんな時には思い出したい言葉でもあります。

見渡せば、何か恵まれていると思えることがひとつでも見つかります。

「なんだ。それだけで十分じゃないか。」

そこから全ては始まります。
明日への活力となる『知足』の精神を、いつまでも胸に焼き付けて生きてゆきたいものです。
[PR]
by rurublog | 2005-09-03 21:01 | 女将さんのコラム

ご来店簿

e0060807_245747.jpg本日も大勢のお客様にご来店いただきまして、ありがとうございました(σ´ω`*)
金曜日は遠方のお客様よりも地元舞鶴市のお客様が多く、1組1組様が心行くまでゆっくりと過ごしてくださいますことも、これもまた嬉しい限りです。

本日は私の祖母が生前勤めておりました自衛隊の同僚の方が流々亭へおいでくださいました。『おばあちゃんとは仲良くさせてもらってたのよ^^』と。
生前の祖母の話を聞ける貴重な時間でした。
未だに目頭が熱くなります。もうかれこれ10年近い歳月が流れたというのに・・・。

本当に嬉しかったです。


それから、バレーボール観戦がお好きな方はご存知かと思いますが、女子バレーの荒海陽子選手。我ら舞鶴が誇る選手の一人です。
そのご活躍ぶりから、多くの若いバレーボーラーたちが励まされています☆
そのお母様が本日ご来店くださいました☆
ありがとうございました☆
流々亭はこれからも荒海選手のご活躍を心より応援しております☆


そして最後に。神戸から参拝でいらしたご夫婦。
貴重な震災の話をお聞かせいただきありがとうございました。
流々亭には神戸からのお客様が多く、また皆様貴重な震災でのお話をお聞かせいただきます。
本当に感謝しています。

あれから10年。予防策も見出せないものが天災といえども、地域が一丸となって復興に励んだ経験をいかし、共に協力しあって自然と共存してゆくことの大切さを教わった気がします。
実際に体験しないことには危機感も持てないものかもしれませんが、多くの悲しみを教訓として、皆で最善を尽くしていこうと思います。

帰り際に『また会えることを楽しみにしております』とご主人がおっしゃってくださいました。

私も楽しみです^^

どうかお元気で。

本当にありがとうございました☆
[PR]
by rurublog | 2005-09-02 21:42 | 日記

9月です☆

e0060807_0365861.jpg
いよいよ9月になりました☆
朝晩は肌寒く、かと思えば日中は暑い・・・。残暑の折が一番体調を崩しやすいように思います。
日ごろの疲れが出やすくなりますので、皆様どうぞご自愛下さいますようお祈り申し上げます
( ´∀`)人(´∀` )☆


さて。今月は『抹茶パフェ』の最終月です。
ご好評いただき、本当にありがとうございます☆
先日、パフェが売り切れてしまうのではないか・・・と冷や汗が出るような日もあるほど。本当に嬉しく思います。

中には『大きすぎて食べられないよ(笑)』とおっしゃられるお客様もおいでですが、それもそのはず・・・。

『舞鶴の茶葉を石臼で挽いて抹茶を作っています』
というところから始まりました流々亭だけあって、お気づきの方もおいでかと思いますが、デザートの器もすべて抹茶茶碗を使用させていただいております。
信楽焼と丹波立杭焼の茶碗です。



季節の限定商品と言えば、毎年ご好評いただく『鴨そば』と『お煮そば』。
寒さがこたえる季節に、是非ご賞味いただきたいと思っております。

今月もヨロシクお願いいたします。
[PR]
by rurublog | 2005-09-01 23:29 | 日記