西国霊場第29番札所青葉山松尾寺門前にある茶処流々亭の女将さんの日記です


by rurublog
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

もうすぐもうすぐ★

e0060807_4523763.jpg花流ちゃん★もうすぐ、アナタの季節がやってきますね^^

今年もぐんっと大きくなって、流々亭に遊びにきてね★

一緒に「おとと」見にいこうね~(人´∀`).☆.。.:*・
[PR]
# by rurublog | 2006-02-22 04:54 | 女将のひとりごと

流々亭の由来

e0060807_15401879.jpg


『流々亭』(るるてい)ってどういう意味なのですか?

とよくお尋ねいただきます。

どこのお店でも、その疑問はよくあります。ワタシも色んなお店の名前の由来は気になるものですから(笑


『流れ流れてここまで来ました』

と省略して説明させていただきます^^

昔、父親が御茶屋をしており、一旦その茶屋は辞めました。
時は流れて娘が『茶屋をやりたい』と申し出たことをきっかけに、
流々亭は誕生しました。

開山1300年青葉山の中腹・松尾寺に訪れる参拝の方々。
いろんな思いを胸に全国各地からこの地に訪れられます。

築120年以上も経過している古民家。

いろんな時の流れを感じます。
いろんな人の想いの流れを感じます。
流れ流れてみなさまがこの地へたどり着く。
私くしたちも同じです。

色んな『流れ』に従って生きていますが、その『流れ』の中で、皆様とたったこの瞬間だけでもここでお出会いさせていただけるように

『流々亭』

と名づけました。


流々亭での時間は、なぜか『時間がとまっている』ように感じます。
これから訪れる『春』はとくに。

穏やかなぽかぽか陽気の中で
何の音もない
自然と一体化するひとときは
すべての流れを一瞬とめてくれるような
そんな不思議な季節です。

流々亭の近くに色んな想いが流れて
流々亭の中ではみなさんがゆっくりと落ち着ける
そんなお店に
今年も皆様と共にしていきたいなと
思う小春日和の午後でした★
[PR]
# by rurublog | 2006-02-21 15:51 | お客様のお声より

春はそこまで?

e0060807_155411.jpg
もう気が付けば、2月も中旬をすぎました。
皆様お変わりなくお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?
随分と春の訪れをどこかで感じながらも、まだ時折寒さが戻ってくるような、慌しい気候です。

流々亭も昨日の雪で、また少し積もってしまいましたが、2月の雪。すぐに溶けてくれますので、安心しています。

そろそろ営業再開に向けての準備に取り掛かっております★

休業中はお電話やメールで、全国各地からのお茶のお取り寄せも多く頂きまして本当に有難うございました。
段取りの悪いことで、ご迷惑もおかけしましたが、皆様のご家庭に流々亭のお茶が今日もあるのだと思うだけで、本当に嬉しく思います。

春はそこまでやってきています★

もうすぐ、もうすぐだとワクワクしてきました^^♪

あとしばらくの間、ご迷惑をおかけしますが、営業再開のご案内を申し上げましたら、また今年も一年、ヨロシクお願い致します。
[PR]
# by rurublog | 2006-02-19 01:56 | 女将のひとりごと

茶の心から

e0060807_22554.jpg茶の心を極めようと、毎週水曜日にお茶のお稽古に通う女将でございます(*´_⊃`)★

道具の扱い方や、お作法もさることながら、週に一度こうやって心静かな時間を過ごすことで、随分と穏やかな人生を送れるようになったように思います。

ゆずりあいの精神というものは、茶の世界の独特のものだと思いますが、『どうぞお先に』『お続きいかがですか?』と常にお隣や、ご亭主、お客様を敬う気持ちというものが『日本人』の持つ独自の性格につながっていると思います。

今は不景気だとか、違法建築だとか、IT企業の不祥事ですとか、そういったことが取り立たされて『日本はどうなってしまったんだろう』と皆が心を痛めてしまう現状ですが、そもそも日本は本当にいい国だと思います。


便利さに決して慣れることなく、不便さを忘れることなく、便利さをありがたく思ってさえいれば、もともと心豊かな日本国ですから、共に手をとりあえば必ずこの国の未来は温かいと思えてきます。

人と人との心のつながりが、もともと濃い国です。

人に優しい人の集合体です。

たった一杯の茶をお飲みいただくためだけに、こんなにも思いやる気持ちを込めること。
御茶をよばれるためだけに、こんなにも相手の気持ち、心配りを汲み取ること。

忘れてはいけないなと思いました。

もっともっと知りたいと思います。

もっと人を知りたいと思います。

沢山の方々と出会って、沢山の大切なことを教わっていきたいと思います。
[PR]
# by rurublog | 2006-02-08 01:59 | 女将のひとりごと

まーごは今2

e0060807_20513652.jpg


元気です。
みなさん。ご心配ありがとう★
[PR]
# by rurublog | 2006-02-01 20:51 | 日記

まーごは今・・・

こんにちは。もう2月ですね。
流々亭が冬季休業に入って、もう1ヶ月がたちました。
12月の大雪で一時はどうなることかと思った雪もスッカリ山の水となり、落ち着きました。
まだ油断は禁物ですけれど。

流々亭のお客様で皆さん気にしていただくことがあります。

『白猫:まーごはどうしてるの???』

e0060807_20384541.jpgこんな感じで雪の中でも『お姉ちゃんまだかなぁ・・・』といった表情で待ってくれています。

本当に可愛くて仕方がありません。

野良猫なのですが、もうここまでくると『飼い猫』も同然ですね。

まーちゃんと出会ってから流々亭とともにお客様に可愛がっていただきました。
お参りの方でネコが大スキなお客様がいらっっしゃいまして、『車にエサがあるからとってきてあげるわ!!』とエサを頂いたこともあります。

e0060807_20423444.jpg出逢った頃はまだ赤ちゃんで、ガリガリにやせていましたが、皆さんの愛情のおかげでこんなに丸々しています★雪だって人間と違って『へっちゃら』です。

♪ね~~こはコ~タツで丸くなるぅ~~♪
と歌にもあるように、ネコは寒がりだから・・・と心配していますが、去年も元気に冬を過ごして今日があります★
本当にたくましいなぁ・・・といつも逆に自分が情けなくなります。

e0060807_20453723.jpg


また春にたまにお客様にもお顔をお見せすることもあるかもしれませんが、
流々亭姉妹・まーご
元気に冬を乗り越え中です★

みなさんもあと少し。寒さに負けずに元気でお過ごしくださいませ^^
[PR]
# by rurublog | 2006-02-01 11:28 | 日記

お客様のお声より

e0060807_15564890.jpg『お客様のお声より』というカテゴリを追加しました☆

HPでもなるべくお客様から日々お伺いしているご質問などを中心に、わかりやすい紹介文を!と思っていますが、書ききれない細かな疑問などを時折ココでもご紹介していきたいなと思っていますσ(´ω`*) ☆

例えば「そんなこと解っているよ!」と思いがちで、でも一番お客様からの疑問で多かったのが

                                              「緑茶」

お茶をお探しのお客様で『どういうお茶がお好みですか?』とたずねましたら『緑茶を探しにきました』とご返答が。
またある時は、「緑茶が大スキなんです。」。
ある時は、「緑茶ならなんでもいいんです。」

解るようで解りにくい日本茶の『線引き』を単純明快にご説明するのは確かに難しいような気がしますけど・・・。
でも答えはいつでもシンプルです☆


緑茶・・・・日本茶は全部『緑茶』なんです(人´∀`).☆.。.:*・

玉露も、煎茶も、かりがねも、柳も、ほうじ茶も、お抹茶も☆

でも読んで字の如く、「緑の茶」ですから、どこからどこまでのことなのよ!?(;●`皿´●)ノシ と悩まれることも多いのも納得です☆(アタシも昔は勘違いしていましたので)


お好みのお茶選びのプロとして、いつもお客様の生活に合ったお茶を一緒に選んでいます。
「じゃぁ、かりがねってなぁに?」
「じゃぁ、玉露ってなぁに?」
「じゃぁ、柳ってなぁに?」

この疑問が大切なんだなぁ・・・といつもお客様から教えていただきましたので、HPでも簡単にわかりやすくご紹介させていただけるように頑張ります☆
[PR]
# by rurublog | 2006-01-13 16:11 | お客様のお声より
春の訪れが待ち遠しい今日この頃。
流々亭の女将ちゃんは何を毎日やってるの???とご心配をおかけしておりますm(;∇;)m

毎日、雪かきしていました(;-_-) =3 フゥ

お茶の配達も引き続き頑張っています☆

それから少しずつですがHPの更新作業も行っています☆

春よ来い来い♪と歌を歌いながら、白く輝く青葉山を遠くに眺めながら、時に近づきながら、静まり返った流々亭の中でぽつん・・・と作業をしてみたり。


冬がこれほど憎い(>ω<、) と思ったのは初めてかもしれません。

早く、早く、春が訪れてほしい。


でも、雪で随分と枝が折れてしまった『桃の木』につぼみをみつけたときは少し笑顔になりました。

桃の木だって春の訪れを待っているんだもの。
私も一緒に春を待とうと心に誓った昼下がりになりました^^

沢山のお客様が流々亭に直接来てくださったり、お電話を頂いたり、HPにコメントを下さったり・・・。


沢山の方々が一緒に春を待っている。

今はまだお顔もお見せできませんが、その時まで、雪と格闘するのも・・・いいかな?・・・と少し思えるようになってきました☆


頑張ります☆


(●´Å`)o"エイ(●´Å`)o"エイ(●`Å´)ノ"オゥゥゥ!!
[PR]
# by rurublog | 2006-01-12 15:34 | 日記
あけましておめでとうございます☆

皆様にとって今年一年、いつも心が喜んでいるステキな一年でありますように、姉妹いつでも山の上でお祈り申し上げます。

e0060807_22584390.gif


今年も宜しくお願い申し上げます☆
[PR]
# by rurublog | 2006-01-01 22:56 | みなさまへ

今年最後のご挨拶

e0060807_0364365.jpg

間もなく椿の咲き乱れる頃。
流々亭は再びここ松尾の地に暖簾を掲げさせていただく。
室内の暖かさよりも頬で感じる暖かさを求めて、
人も動物も虫たちも動き出す。そんな季節。
ぽとっと椿が落ちる音も聞こえてくる頃。

e0060807_0384944.jpg

八重桜がちょうど縁側の真上で咲き乱れるのは5月初旬。
桜の香りとともにお薄を一服。
お客様との会話もとても心地よく、
いつまでもここでこうしていたいなと
時の流れの速さに目が覚める季節。

e0060807_0422313.jpg

雨の音も心地よい季節に
「傘をどうぞ」

「チョット雨宿りのつもりが、スッカリこんな時間です。もう行かなくては・・・傘をお借りします。お元気で」

皆様。お元気ですか?


e0060807_0445142.jpg

そろそろ夏のにおい。
草の香り。
太陽の恵み。
ここには特別なものは何もありません。

「それが返って心地よいのですよ」

恐縮です。ありがとうございます。

e0060807_0465746.jpg

先人たちが愛した季節。
自然と最も共有しあうこの季節。
人は山々の錦を愛でて、この季節を楽しんできました。

時は流れ流れて今現在。

『ここの紅葉はなんともおもむきのある・・・。本当に訪ねてよかったよ』

また来年。紅葉を見にいらしてくださいね。

e0060807_0493962.jpg

動物たちも人も虫たちも。
みな寒さで身を寄せ合う季節。
肌で『暖』を探す季節。

静けさの中にぬくもりが妙にあたたかく身にしみてきます。


e0060807_051116.jpg

また来年。
かならずここでお会いできますように。

健やかに幸多き一年となりますよう。
山の上からいつもお祈り申し上げます。

本年も多大ならぬご愛顧を賜りまして本当に本当にありがとうございました。
姉妹で力をあわせ、頑張ります。
来年もどうぞ私くしたち姉妹に暖かいご支援をいただけますよう宜しくお願い致します。

本当に楽しい一年間になりました。
本当に本当にありがとうございました。

流々亭 女将より
[PR]
# by rurublog | 2005-12-28 00:57 | 女将さんのコラム