西国霊場第29番札所青葉山松尾寺門前にある茶処流々亭の女将さんの日記です


by rurublog
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

本当にスゴイ雪です。

e0060807_16492566.jpg

今日の流々亭周辺の景色です。(>ω<、) 日ごとに雪が降り積もります。
下の街では雪もほとんど解けたので安心して山にあがってみましたら・・・。この有様で驚きが隠せずに・・・途方に暮れていました。
e0060807_16495811.jpg

流々亭の後ろではこんなことになっています・・llllll(-ω-;)llllllガーン
胸あたりまで積もりに積もった雪。今年は本当に異常だと、松尾の方々もおっしゃられています。
e0060807_16502056.jpg

村の方に助けていただいて、除雪を行っていただきました。
もう、スコップではおいつきません。

今年は年内は営業が出来ないと判断いたしました。

本当に残念でなりません。

今年一年、本当に多くのお客様に流々亭を、私くしたち姉妹を可愛がっていただきましたこと、本当に本当に感謝しています。

来年早々より、流々亭HPの修復を行いますので、是非是非HPのほうもお楽しみいただければと思っています。お客様には長い間、本当にご迷惑をおかけしました。

また引き続き、女将さん日記のほうの応援も宜しくお願いいたします☆

では皆様。
寒さは増す一方。
くれぐれもお風邪などをひかれませんよう、健やかに元気に新しい年をお迎えくださいませ☆
[PR]
# by rurublog | 2005-12-26 16:57 | 日記

降りました・・・・

e0060807_23492450.jpg

とうとう雪が積もりました。

舞鶴の方々はご存知の通りかと思いますが、まだ日中気温が高いので、こんなに積もっても溶けてくれます。

でも、日ごとに山の上は静かになり、ただでさえ寒々しい空の下で、心も寒さを増してくる流々亭の冬がやってきたなぁ・・・と思います。

冬季休業を目前に、店内やお寺の境内が人で賑わっていたのが随分と昔のことのように思い出されます。

今年は本当に沢山のお客様と楽しい思い出が出来た一年だったので、この静けさがとても寂しいばかりです。

早く春にならないかな・・・と思いながら、お歳暮のご注文をいただいたお茶作りに精を出す日々を送っています☆

年末までは通常通り営業を行います。
大雪の日はお電話で雪の加減をお問い合わせください☆

日ごとに寒さが厳しくなる一方。
みなさん、お風邪をひかれませんように、どうぞご自愛くださいませ(人´∀`).☆.。.:*・
[PR]
# by rurublog | 2005-12-13 23:49 | 日記

寒さが日ごとに・・・

e0060807_004237.jpg寒さが身にしみるようになってきました・・・。
今日は晴天でしたが、外は身を切る寒さ・・・。

今年はカメムシが多かったので先人の知恵を借りて予想しますと『大雪』のようで( ̄ω ̄;)
少しヒヤヒヤしています。

毎年恒例の、除夜の鐘を聞きながら、年越しそばを!という年末の営業。

30日までは通常営業で、31日は夕方4時から深夜2時まで『年越し蕎麦』の営業を行います。

去年は当日になって急に雪が積もりだしまして、ご予約いただいていたお客様にお越しいただけなくなるというアクシデントが。
今年も雪が積もれば中止に。

どうか無事に晴れてください(T人T)と祈るばかりです。

松尾寺の除夜の鐘はゆっくりゆっくりと108回・・・?(調べておきます)鳴り響き、「あぁ。行く年、来る年」を感じさせてくれます。
店内の琴の音を止めて、静かにその鐘の音を聞いていると、流れ行く時間の中でふと自分だけが止まっているような不思議な感覚。

店内ではお客様同士が「あけましておめでとうございます」と口々にご挨拶を。

なんともステキな1年の終わりと幕開けです。

どうぞ皆様。ご家族で、恋人同士で、ご友人と、流々亭で新年を迎えてみませんか??

ご予約の方優先ですので、どうぞお気軽にお電話くださいませ☆
[PR]
# by rurublog | 2005-12-09 23:54 | 日記
e0060807_061872.jpg今年はいつもよりも早くに雪が降りました。

(注:この写真は2003年の12月20日に撮影しましたものです。)

松尾は青葉山の関係で雪がよく降ります。
年内は例えどんなに雪が積もりましても、毎日お参りの方々がいらっしゃいますので、営業しておりますが、1~2月末まではとても雪深く(それでもお参りの方は毎日あります)、お客様の足元が大変悪くなりますので、なくなく冬季休業とさせていただいている次第です。

「あぁ。もうそういう季節になったんだな」と今日は痛感しました。

ほんの2~3ヶ月前まではせみの鳴き声にうちわをハタハタとさせていたのがウソのようです。

今年は四季らしい四季だったなと思うのですが、やはり異常気象なのでしょうか。九州で舞鶴よりも雪が積もっているようですね。

山の上はまだ気温が高いせいもあってか、ベチャベチャの雪が10cmほど積もった程度でした☆

泣いても笑っても、雪が降る季節はやってきます。


今日気がついたこと。

流々亭の後ろに大きな大きな桃の木があるのですが、雪が降る前日にすべての葉を散らしました。

そして枝が赤く色づいてきました。

あと2ヶ月もたてば、目が出て花を咲かせる桃の木。

自然の力にはつくづく感心するばかりです☆

まだ年末のご挨拶には早いので、とにもかくにも、この1ヶ月。一所懸命頑張ります☆
どうぞ皆様、今年最後に流々亭でごゆっくりおくつろぎくださいませ(★´∀`) 人(´∀`☆)
[PR]
# by rurublog | 2005-12-06 20:05 | 日記

松尾寺の紅葉です

e0060807_1785324.jpgすっかり秋。もう晩秋と呼べる季節になりました。
今日は定休日ですので、ゆっくり松尾寺を散策です(人´∀`).☆.。.:*・
境内にはアチコチにモミジが散っていて、ほんとに心が静まり、和みます★

普段毎日ここにいて、ゆっくりとこの時間に境内を歩くということは滅多にありません。
縁側から見上げる景色にウットリすることがほとんどです。

でも、それでもずいぶん「秋になったなぁ~」と感じていましたけど、こんなにも秋が深まっていたとはΣ(・ω・ノ)ノと、少々驚きっぱなしのアタシです。

e0060807_1712175.jpg移り変わりの速さから、『乙女心と秋の空』などと言われています。

半分当たっているような・・・「失礼なヽ( )`ε´( )ノ ブーブー!!」という気持ちなような・・・。
でも雲ひとつなかったかと思えば、急に雨が降ったり、かと思えばまた晴れて。

秋の空は雲があまりないのが特徴です。

フタをしない鍋の煮物が早く冷めてしまうように、秋の空には雲が少ないために、昼間の陽気も逃げてしまうので、朝晩が冷え込むという原理なんですって_φ[・ω・`*]メモメモ♪

でもこの澄んだ空にも心が吸い取られてしまうような、そんな秋晴れの気持ちよさは格別でした★

e0060807_17155276.jpgこうやって秋を堪能して、心がいっぱい。
あとはハラハラと散り行く様を眺めながら、身も心も冬支度ですね。

紅葉を眺めて、感動を味わったあとの、なんともはかないむなしさのようなものは、きっと間もなく訪れる冬の気配も感じるからかなぁ・・。
あぁ。もうすぐ今年も終わるんだなぁ・・・なんてことを思いながら、私もひとり、松尾寺の紅葉で心を癒していただきました(人´ω`)

みなさんもどうぞ。冬が来る前に、今年最後の紅葉をお楽しみくださいませ★
(山の上は下の町と3度気温が違うので、まだこれからが紅葉シーズンです)
[PR]
# by rurublog | 2005-11-21 17:23 | 日記

暮れのご挨拶にどうぞ

シトシトシトシト・・・いいえ。。。ジャジャ降りの雨です。
今日は特別冷え込みますね。山の上ではただ寒いだけのように思いましたが、配達の方が「さっき下ではアラレが降ったで!」と教えてくださったので・・・どうりで寒いはずです。

さて。今頑張ってお歳暮のお茶を作っています☆



e0060807_21345550.jpg和紙に包まった茶缶をご用意しました。
このほかにも沢山の缶をご用意しています(人´ω`)
2,500円~5,000円までの茶のギフトを4種類。

日本の伝統行事のひとつでもあります『暮れのご挨拶』。お歳暮。
今年一年の感謝と、これからも宜しくお願いしますという沢山の『気持ち』を込めてのご挨拶です。
茶は特に日本の歴史においては、格の高い贈り物のひとつに置かれていて、茶を好まれるかたがたは多いのも「日本人である」からなのかも知れませんね。

流々亭では何も混ぜない。
何も足さない。
純粋に茶の木から採れた茶葉だけを扱っております。
また、茶は本来、生産農家の方を「1」とし、10人の手をわたると云われております中で、流々亭はお客様を「4番目」がモットーです。

上質の茶を通じて、贈られる皆様も、いただかれる皆様にも「これは美味しい」と喜んでいただける贈り物になればとても嬉しく思います☆


どうぞ宜しくお願いいたします。
e0060807_21383665.jpg



11月中のご予約のお客様には、送料は流々亭負担で先行ご予約も間もなく開始させていただきます。
[PR]
# by rurublog | 2005-11-16 21:51 | みなさまへ
e0060807_23133453.jpg京都新聞に掲載していただきましてから2週間。
毎日のように『新聞に載っていたでしょう?』とお客様がいらしてくださいます。

宮津から、綾部から、福知山から、京都市内から・・・・

改めて京都府の広さを感じながら、本日もたくさんのご来店に涙が出そうな思いでした。

思い出すのは2年前です。
宣伝活動をめったにしないことで少しばかり有名な飲食店&茶屋。
お客様が一人もない日はありませんでしたが、それなりに寂しい店内をただひたすらに掃除するばかりの日々。そんなときを経て、今に至ります。

今ではやっぱりお客様に『いいお店』を作り上げていただき、あんな風に各誌新聞に掲載していただけたり、またそこから口コミでご紹介いただきまして、ご来店いただくお客様ばかり。

本当に感激するばかりなのです。

「あそこに行ってきたよ」と皆様が今日もどこかでお話のひとつにしていただける店になったんだな・・・と少し涙モロくなってきました。。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん

明日は定休日。
ゆっくり休ませていただいて、また元気一杯!頑張っていきたいと思います☆
(・c_,・。)o"エイ(・c_,・。)o"エイ(>c_,<。)/オゥ!!
[PR]
# by rurublog | 2005-11-13 23:13 | 女将さんのコラム
いやはや・・・緊張以外のなにものでもありません・・・llllll(-ω-;)llllll
生まれてこの方、TVカメラを向けていただいたことは・・・実は2回目。

小さい頃に父親が『村おこし』の活動をしまして、それで教育TVで出たことがありますが、あの頃はまだ日本語さえロクに知らないような頃。
TVの収録の意味など知るよしもなし・・・。緊張の『き』の字も知らない頃ですから。。。

今回お話をいただきましたのは舞鶴の紅葉スポットを紹介される番組で、撮影も「え( ̄Д ̄ノ)ノ!!もう始まってるんですか!?」という状態でした。

女将である私は、最初の「旅人」をお出迎えするシーンで少し登場させていただくのみで、あとはいつものように、「アネネ」がお客様をご案内したり、お食事をお出ししたりしていますので、アネネにおまかせしました|x・`)チラッ←隠れてました(笑

放送は11月末。(アバウトですが・・・)

eoTVの回線をお持ちのお客様がいらっしゃいましたら・・・是非見て笑ってやってください(〃ノωノ)

送られてきますビデオでお先にllllll(-ω-;)llllllガーンllllll(-ω-;)llllllガーンとさせていただきます・・・・・。

「視聴率はまだまだ少ないですが・・・」とプロデューサーの方がおっしゃられましたが、『そのほうがありがたいです( ´Д⊂ヽ』とお話していました。

収録に来ていただきました皆様にも、本当に感謝しております。
本当にありがとうございました☆
[PR]
# by rurublog | 2005-11-07 23:02 | 日記
人が何においても『温』を求めるようになってきました。季節の移り変わりを感じますね。
紅葉も徐々に進んでいます。山の上はもう少し時間がかかりそうですけど・・。

温かさを体が探し求める季節。
流々亭でも温かいお茶を多くのお客様に喜んでいただける季節になりました。

流々亭の茶は『すべてが卸価格です』というのがこだわりなのはご存知の通り。いつも身近においしい茶がある。それが私たちの夢です。

茶屋に絶対無い商品って何かご存知ですか?
それは『玄米茶』です。
流々亭でも当初販売はしないと決めていたのですが、京都府の中で舞鶴市は1番玄米茶を消費する地ということもあり、それならば!茶屋の作った玄米茶を!!と思い、こだわり抜き出来上がったのが3種類あります。
(全国各地のお客様が『玄米茶ないの?』とのお声も多数頂戴しました。)

e0060807_114935.jpg上級柳をたっぷり使用した玄米茶です。
流々亭の玄米茶の1番のこだわりは『かたいり玄米』。

玄米茶は1煎で玄米がふやけてしまい、茶の味も玄米の味も風味もなくなります。
上級柳を使用しているのは、2煎目、3煎目でも茶の味をお楽しみいただけるところにあり、それにあわせて、3煎目まで玄米の風味を残す「かたいり玄米」を使用しております。

名前の通り「硬く炒ってある」ので、始めの1煎目だけ少し長く湯にしたしてやっていただいて、3煎目までおいしい玄米茶をご賞味ください☆

これが『御茶屋の作った玄米茶』!
卸価格だから出来る身近な高級生活茶のひとつです。

300円~
[PR]
# by rurublog | 2005-10-31 21:50 | みなさまへ

驚きました。

e0060807_1603876.jpg驚きは続くもので、本日も多くのお客様に『新聞見たよ!』とお声をかけていただきました。
今日は朝から閉店まで途切れることなく店内にお客様。
大きなラッシュもなく、皆様にごゆるりと過ごしていただけたことが、嬉しく思います。

何よりも驚きましたのは・・・。

TV局からのお電話です。

普通の民放ではなく、ケーブルTVの番組(光ファイバーのインターネットをご家庭にひいておられる家で見ることができる『eo(イオ)TV』というもの)の出演依頼をいただきました。
舞鶴の紅葉や寺院巡りの特集で、流々亭を取材していただけるとか!(驚)

11月7日にその収録があります。
幸いにも定休日ですので、ちょっとドキドキしています。

頑張りすぎて何をお話しているのか訳がわからないようにならないようにしないと・・(--||||)
放送日が解り次第またご報告いたします。
もしよければ、見て大笑いしてやってください・・・
[PR]
# by rurublog | 2005-10-28 21:59 | 日記